膣内射精障害について説明する医師

オナニーの仕方が原因で膣内射精できなくなる?

性行為をする際には男性はコンドームなどの避妊具をつけている場合もありますが、基本的には女性の膣内で射精をする事が必要になっています。
そして擬似的にその刺激を与えて射精すると言うのがオナニーなのですが、最近オナニーの仕方が原因で膣内射精をする事が出来ないという男性が増えてきています。
このような所謂「膣内射精障害」になってしまう原因となるオナニーの仕方にはいくつかの共通点があるのですが、多くの男性はそれを知らないままにオナニーを続けていると言われています。

注意したいオナニーの仕方

まずは、自分たちが行なっているオナニーの仕方が以下の方法に当てはまっていないかどうかというところを注意しなければいけないと言われています。

ペニスを強く握りしめるオナニー
まずひとつ目の原因となっている仕方として言われているのが「ペニスを強く握りしめた状態で行なうオナニー」です。
と言うのも実は男性がオナニーをする場合、自分たちが思っている以上にペニスを強く握ることが多いと言われています。
そのためオナニーの際にはかなり強い刺激が加わるようになってしまい、その刺激によって射精すると言う状態が続けば強い刺激がなければ射精する事ができないようになります。
ですが女性の膣内の圧力や刺激は男性が思っている以上に弱いものであり、男性がペニスを強く握る刺激よりも強いと言う事はほとんどないと言われています。
その結果、女性の膣内の刺激では物足りないと言う原因で射精する事ができなくなってしまうと言うわけです。
足ピンオナニー
また女性の膣内の刺激以外の原因として考えられているのが、「足ピンオナニー」と呼ばれている仕方です。
これは足をピンと立てた所謂「足ピン」状態で行う方法で、射精する時の絶頂の感覚を擬似的に作り出すことができるということで男性ではなく女性でも行う事がある方法として知られています。
足ピンの特徴は絶頂する時の姿勢や感覚で行う事ができるというところなのですが、その反面慣れてしまうと足ピンをした状態でないと射精感が高まらなくなってしまうと言うデメリットもあります。
これは精神面で足ピンと射精がルーチンしてしまった結果で個人差はあるのですが、それが原因で膣内で絶頂する事ができなくなってしまうと言う人も少なからずいるようです。
床オナニー
また強く握る仕方と同様に強い刺激が原因で膣内で射精する事が難しくなるオナニーとして、「床オナ」と呼ばれている方法も挙げられています。
こちらはうつ伏せになって床にペニスを体ごとグリグリと押し付けるという仕方になっているのですが、特徴として強く握るよりもさらに強い刺激を得る事ができるという点があります。
そのため床オナは強く握る以上にペニスに刺激や圧力がかかってしまうのですが、不思議と痛みを感じると言う事はないため男性だけではなく女性でも好んで行っていると言う人は多いと言われています。
ですが床オナは手で強く握る以上の刺激となっているので当然膣内の刺激や圧力では射精感を高める事ができないため、床オナに慣れてしまった人の多くは床オナでしか射精する事ができなくなってしまいます。
皮オナニー
上記のように刺激が強すぎる事が原因で障害になってしまうのと真逆に、刺激が緩やかであるために障害になってしまう可能性があると言われているのが「皮オナ」です。
皮オナはペニスを包んでいる包皮を巻き込んで行なわれている仕方であり、包茎が多い日本人男性の多くは皮オナの経験があると言われています。
そんな皮オナは緩やかで優しい刺激で射精感を高める事ができるというメリットを持っている反面、女性の膣内の刺激が強いと感じてしまったり逆に皮が伸びてしまって刺激を感じにくくなってしまうと言うデメリットもあります。
このことが原因で皮オナに慣れてしまっている人の中には膣内射精障害になってしまうという人もいますが、こちらも足ピンオナニー同様個人差のあるリスクとして考えられています。